文字サイズ

楽天、お株を奪われる痛恨の逆転負け 同点機を走塁ミスでつぶす

 「交流戦、楽天2-3巨人」(4日、楽天生命パーク宮城)

 “逆転のイヌワシ”が、お株を奪われる痛恨の逆転負けを喫した。1点リードの九回無死一塁で楽天の守護神・松井裕樹投手(23)が、ビヤヌエバにチェンジアップを捉えられ逆転2ランを被弾。「甘く入りましたね。今日はチームに迷惑を掛けた」と悔しさをにじませた。

 九回裏には痛恨のミスも。無死一、二塁の同点の好機を作るが、送りバントの構えを見せた辰己がカウント0-1からの投球を見送ると、代走で出場の二走・小郷が飛び出して捕手・小林からの送球で刺された。

 平石監督は「良いスタートを切ろうと、それが空回りしたんだと思う。どのタイミングでスタートを切るか、その方向性はチームで決まっている。(もう少し)打者を信じてね」とし、「この経験を今後に生かしてくれれば」と話した。

 走塁ミスの小郷も「最悪のプレーだった」とうなだれた。3連勝の勢いに乗って臨んだ交流戦初戦は、まさかの逆転負け。それでも、この日で4連投となっていた松井は「明日、やり返したいと思う。しっかりと準備をして、チームの勝利のためにマウンドに立ちたい」と前を向いた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス