文字サイズ

巨人・原監督「よく行かせた」「まさにぎりぎり」決勝点演出の元木コーチを大絶賛

7回、ベンチ前の巨人・原辰徳監督=東京ドーム(撮影・金田祐二)
1枚拡大

 「巨人5-4広島」(26日、東京ドーム)

 巨人が逆転で広島の12連勝を阻止。2位を死守し、首位カープとのゲーム差を2とした。

 初回に岡本が逆転の9号3ラン。3点リードで七回を迎えたが、アダメス、戸根、田原が崩れ、同点に追いつかれた。だが、八回1死満塁で重信が放った浅い中飛で三走・岡本が思い切ってスタート。岡本はタッチをかいくぐって生還した。リプレー検証でも判定は覆らず、この犠飛が決勝点となった。

 わずかな差での勝利。原監督は「なかなかすんなりいかないが勝ったのは大きい」と、3タテを阻止して安どの表情を浮かべた。決勝犠飛については三塁コーチャーの元木コーチの判断も評価し、「まあ、三塁コーチャーもよく行かせて、岡本もけっして速くはないが攻撃的ないいスライディングをした。まさにぎりぎりの勝負」とうなずいた。

 生還した岡本は「(三塁コーチャーの)元木さんから『行くぞ、行くぞ』と言われたので、そのつもりでいきました」とニヤリ。瞬時に下した攻撃的な判断が、勝利をたぐり寄せた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス