文字サイズ

原監督「雑草魂もついに燃え尽きた」…引退の「戦友」上原に敬意

 巨人・上原浩治投手が20日、都内ホテルで引退会見を行った。シーズン序盤、突然の引退発表。会見場には報道陣200人超が詰めかけた。会見を受け、原辰徳監督も敬意を表するコメントを出した。

 会見を受け、原辰徳監督もコメントを発表。「上原投手とはコーチ、監督、ピッチャーという関係。長年にわたりともに戦った戦友。彼と戦うことでさまざまな勉強をさせてもらった。雑草魂もついに燃え尽きたという印象。44歳までプレーを続け、日米で好成績を残せたことに敬意を表します」とした。

 21年間に及んだ現役生活。会見上に上がった上原は冒頭から涙を流し、「本日をもちまして21年間の現役生活を終えたいなと思います。これまで関わってもらった方々に感謝したい、ありがとうございました」と語った。

 上原自身は涙の理由について「もうちょっとやりたかった。自分が決めた以上、ユニホームを着ることはない。切り替えていかないといけない」とした。チームに向けて「首位争いしているなか、申し訳ない。チームはいい流れでいっている。がんばってもらいたい」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス