文字サイズ

巨人、13失点の惨敗で今季初の4連敗 菅野がまさかの大炎上10失点KO

劣勢に頭を抱える巨人・原辰徳監督=東京ドーム(撮影・棚橋慶太)
2回も追加点を許してベンチで頭をかく巨人・菅野=東京ドーム(撮影・堀内翔)
2枚2枚

 「巨人8-13阪神」(15日、東京ドーム)

 巨人が今季初の4連敗。貯金5となった。

 エース菅野が大誤算だった。六回途中、いずれも自己ワーストの4被弾&10失点でKO。3敗目を喫し、防御率も4・36と4点台まで悪化した。

 今季は一発病が深刻で、この試合も初回の糸井に始まり、福留、木浪、大山に一発を浴びた。13被弾は両リーグワースト。三、四回はいずれも三者凡退に仕留めて立ち直ったかに思われたが、球威も落ち始めた六回に4点を失い、大炎上となった。曇り顔の原監督がたまらず交代を告げた。

 菅野降板後、田口、野上も勢いづいた阪神打線のえじきとなった。チームとしての5被弾は今季ワーストタイ、18被安打13失点はいずれも今季ワーストとなった。

 打線は三回に石川が2号ソロ。七回には丸が7号3ラン。打ち合いの展開に持ち込んだが、大量失点が重くのしかかった。

 阪神は打線が大爆発し、先発野手全員安打。守屋がプロ初勝利。貯金3となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス