文字サイズ

楽天・平石監督「オープナー」試みるも4連敗 三木谷オーナー観戦で完敗 

 8回、険しい表情で試合を見つめる平石監督(奥左)ら楽天ベンチ
1枚拡大

 「西武4-0楽天」(5日、メットライフドーム)

 楽天が初の「オープナー」を試みるも、打線が沈黙で今季2度目の4連敗。3月29日以来の借金1となった。

 先発は中継ぎ要員の石橋。初回に秋山に先制弾を浴びたが4回2失点と役割を果たし、2番手で先発要員の安楽へとバトンを渡した。平石監督も「石橋は良く投げてくれたと思う」と話し、試合後は次回も先発で起用することが決まった。

 だが好調の打線が、この日は西武先発・今井に封じられる。1点を追う二回に今井が制球を乱して2四球で無死一、二塁の好機を得るが後続が打ち取られて無得点。三回以降は立ち直った右腕に、プロ初完封を献上した。

 六回2死二塁の好機で中飛に倒れた4番・島内も「(今井の)状態は良かったと思う。少し差し込まれた感じはあった。甘いボールもあったんですが…」と悔しさをにじませた。

 三木谷オーナーも観戦に訪れる中での完敗。これで最近10試合で1勝9敗となり序盤の正念場を迎えた平石監督は「連勝しても連敗しても、目の前の試合を戦うことに変わりはない。その気持ちだけです」と必死に気持ちを前へ向けていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス