文字サイズ

明徳義塾・馬淵監督おじの威厳だ おい・中本監督が率いる松山聖陵を圧倒

 6回コールドで松山聖陵を下し、決勝に進んだ明徳義塾・馬淵監督(左)
1枚拡大

 「春季高校野球四国大会・準決勝、明徳義塾10-0松山聖陵」(4日、松山中央公園野球場)

 注目の“おじ・おい対決”は、明徳義塾・馬淵史郎監督(64)に軍配が上がった。おいの中本恭平監督(30)が率いる松山聖陵に六回コールドで完勝。甲子園通算50勝の将は「試合では親も子も関係ない。勝負の厳しさを知ったんじゃないですか」と、してやったりの表情だ。

 打線が10安打で10得点。投げては背番号19の2年生左腕・新地智也投手が6回4安打無失点の好投を見せた。母校との対戦で、恩師でもある叔父に敗れた松山聖陵・中本監督は「すべてにおいてかなわないです」と脱帽の様子だった。

 2年ぶり11度目の優勝を目指し、5日の決勝で富岡西と激突する。馬淵監督は「選手にはいつも『四国のリーダーたれ』と言ってますから」と自信をにじませた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス