文字サイズ

オリックス「信は力なり」九回1死からの逆転で西村監督通算200勝

 「ソフトバンク2-3オリックス」(24日、ヤフオクドーム)

 1点を追う九回。先頭の宮崎が死球で出塁すると西村徳文監督は迷わず代走・佐野を送った。続く小島の2球目に二盗を決めると遊ゴロで三進。

 この好機にドラフト7位・中川(東洋大)が粘って森の10球目をたたき一塁線を破る三塁打。この好走塁が相手に前進守備を余儀なくさせ、この絶好機に伏見が一、二塁間を破る適時打で決勝点を奪った。

 これでチームは3連敗でストップ。西村監督にとっては監督通算200勝となった。

 初スタメンに抜てきした中川について「あの場面でよく打ってくれた。最高の結果を出してくれました」と称賛した。

 監督就任以来、足を使った野球を掲げてきた。九回の土壇場で代走に二盗。これこそが目指す野球だ。

 「佐野はよく走りました」

 帽子のひさしには「信は力なり」の文字が刻まれている。伏見工業ラグビー部の総監督を務めた山口良治さんからもらった言葉だ。

 ロッテのヘッドコーチ時代に知人を通じて知り、その言葉に感銘を受け、座右の銘とした。その意味はこうだ。「選手を信じて待つ。監督業というのは我慢だから。選手がやってくれると信じて待つのが仕事」

 昨季までの主力であった金子、西、中島、小谷野が抜けた。若手中心のチーム。考えられないミスも出る。それでも選手を責めることはしなかった。

 「失敗を次に生かしてくれたらいい。結果は使ったこちらの責任ですから」

 チームは5位に沈む。まだ、才能開花にまでは至っていない。だが、指揮官はブレることはない。きっと大きく育ってくれると信じてそのときを待つ。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス