文字サイズ

オリックス・増井 史上3人目150セーブ&150HP達成!

 通算150セーブを達成した増井(左)とポーズをとる頓宮
1枚拡大

 「楽天4-5オリックス」(19日、楽天生命パーク宮城)

 最後の瞬間、オリックス・増井は満面の笑顔を見せた。九回を三者凡退に抑え、プロ10年目で150セーブ達成。すでに165ホールドポイントも挙げており、150セーブ&150HPはオリックス・平野、阪神・藤川に続く史上3人目の快挙となった。

 「150セーブもできると思っていなかったのでうれしいです。僕はパーフェクトなクローザーじゃない。打たれるクローザーなのでもっともっと完璧になりたい。そういう意味ではまだまだと思っていますけど」

 3月30日の日本ハム戦で2点差を追いつかれ、今月7日の楽天戦では3点差を追いつかれ榊原のプロ初勝利を消した。抑えて当たり前。打たれれば厳しい声が飛ぶのが抑えだ。それでも「毎回、勝利の瞬間にマウンドにいられることが喜びですね」と話す。

 6月に35歳を迎えるが直球は常時150キロを超える。その秘訣(ひけつ)は足にある。

 「短距離選手のつもりで走ってます。走れなくなって終わっていく選手を見てきたので。走れなくなったら終わりだと思ってやっています」

 オフもダッシュは続ける。チームで定期的に20メートル走などを計測するがいつもトップクラスにいる。「近藤にだけは勝てないんですよ。今の目標は打倒近藤ですね」と笑う。瞬発力を持続させる努力こそが長持ちの秘訣だ。

 実は狙っている記録がある。あと11に迫る150ホールドだ。「150セーブ&150ホールドは誰もやったことないらしいんでやりたいですね」。都内の自宅に飾る記念球をバッグに収め、守護神は次なる目標に向かった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス