文字サイズ

巨人ゲレーロ ジョンソンから先制打「バモス!」 新打線で先手取る

 1回、ゲレーロが左前に先制打を放つ=平和リース
1枚拡大

 「巨人-広島」(16日、平和リース球場)

 巨人の新打線が初回に貴重な先制点を奪った。

 開幕から1番を務めた吉川尚の腰痛による離脱で1番に坂本勇、2番に丸を繰り上げ、ビヤヌエバを3番に据えた。

 昨季は1番で92試合に出場。打率・368、18本塁打、60打点の成績を残した切り込み隊長が第1打席から期待に応えた。

 広島・ジョンソンから遊撃強襲の内野安打で出塁。続く丸は遊ゴロで走者入れ替わりとなったが、ビヤヌエバが四球を選び一、二塁。岡本が二飛に仕留められたが2死一、二塁から、5番ゲレーロが貴重な先制打だ。1ボール1ストライクからの3球目。ジョンソンの変化球を左前へはじき返した。

 一塁ベース上へガッツポーズした助っ人は「打ったのはチェンジアップですね。ボールを長く見る意識で打席に入りました。しばらくヒットが出ていなかったので、うれしい。チャンスで打ててよかったよ。バモス!」とスペイン語で冗舌に振り返った。

 巨人は開幕カードの広島戦で2勝1敗と勝ち越し。上々の滑り出しだったが、ここにきて中継ぎ投手陣が崩壊状態で2試合連続2桁失点と苦しい戦いで8勝6敗と3位に沈んでいる。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス