文字サイズ

ヤクルト・原が16日・阪神戦へ調整 打線に警戒「畳みかけられないように」

 先発する16日の阪神戦に向けて調整する原
1枚拡大

 ヤクルトの原樹理投手が15日、神宮外苑での投手指名練習に参加し、先発する16日の阪神戦(松山)に向けてキャッチボールなどで調整した。

 今季は2試合で1勝0敗、防御率はリーグトップに並ぶ0・60。自身は好調で、相手打線は打率、得点ともにリーグ5位だが「明日は明日。今までのことはなしにして、しっかり投げたい」と気を引き締めた右腕。「つながったら(阪神打線は)大量得点している。畳みかけられないように、そこを一番気をつけないと」と警戒した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス