文字サイズ

巨人16年ぶり東京D2戦連続2桁失点 原監督「普通じゃない、これは異常」

 11失点で試合終了し、厳しい表情でグラウンドを見つめる原監督(中央)
1枚拡大

 「巨人6-11ヤクルト」(14日、東京ドーム)

 週末の本拠地で、惨劇が繰り広げられた。巨人はクリーンアップそろい踏みの一発が飛び出しても、投手陣が踏ん張れず、2014年以来の2戦連続2桁失点。東京ドームに限れば03年以来の屈辱となった。「普通じゃない。これは異常なんだからね」と語気を強めた原監督は「次は普通にしないといけない」と奮起を求めた。

 最大の誤算は先発・畠の3回6失点KO。1点リードの三回に7安打を集中された。「癖が出ているね」と指摘した指揮官。「本人もそこは自覚しないと」と2軍落ちを決めた一方、修正させきれなかったことに「私も含めて担当コーチという者が、焼きごてを入れるぐらい反省しないといけない」と自省した。開幕から各球団との対戦が一回りし、8勝6敗。連敗で3位に転落した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス