文字サイズ

ソフトバンク 首位並ぶ 延長十回、代打・栗原V打でプロ初打点 通算2安打目

 「楽天0-1ソフトバンク」(13日、楽天生命パーク宮城)

 首位攻防戦。ソフトバンクが延長十回に代打・栗原陵矢が適時打を放った。プロ5年目で通算2安打目、プロ初打点でチームに勝利をもたらした。両チームが同勝率で首位で並んだ。

 九回を終えて両チーム0-0。ソフトバンクはミランダ-甲斐野-加治屋が、楽天は美馬-松井が、それぞれ無失点リレーで延長十回を迎えた。

 ソフトバンクは楽天の3番手・ハーマンに対して、1死から松田宣が中前打で出塁。二盗後、続く福田が四球で一、二塁に。代打・川島が倒れ、2死となったが、代打・栗原が一、三塁から中前にはじき返し、貴重な1点をもぎ取った。

 十回裏は抑えの森が先頭の木村に四球を出したものの、後続を断って競り勝った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス