文字サイズ

ソフトバンク首位陥落 継投決まらず攻撃ちぐはぐ

 「ソフトバンク2-3日本ハム」(10日、ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは総力戦を落とした。同点の延長十一回、2死一塁から登板した松田遼が踏ん張れない。四球を与え、続く王柏融に適時打を許した。無死一、三塁で右翼・上林がフライを捕って素早く本塁へ送球、三塁からタッチアップした西川をアウトにした流れを生かせなかった。工藤監督は「あの後しっかり抑えられたら良かったけど、投手は打たれる時もある」ともどかしげだった。

 攻撃も最後までかみ合わない。1点を追う延長十一回無死一塁では、今宮が小フライを打ち上げるバント失敗。六回に同点2ランを放っていたが、終盤の大事な場面でつなぎ役を全うできなかった。

 七回には1死一、三塁から甲斐がスクイズを決められず、見逃し三振。主砲の柳田を欠き、手堅い野球が求められる中で、どうにも締まらない敗戦で首位から滑り落ちた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス