文字サイズ

オリックス・榊原プロ初勝利消えた…守護神増井3点リード守れず無念のドロー

 9回、同点に追い付かれ肩を落とす増井
1枚拡大

 「オリックス5-5楽天」(7日、京セラドーム大阪)

 1点リードの九回2死一、二塁。島内の打球はオリックス・増井のグラブに当たり中前へ抜けていった。無情の同点打。グラブをたたいて悔しがる守護神。この瞬間、榊原のプロ初勝利が消えた。今季4度目の延長戦の末、引き分け。5年ぶりの楽天戦3タテもならなかった。

 増井は「3連投目だったので少し精度が落ちたのかも。会心の当たりではないのですがヒットゾーンに飛んでしまった。(榊原のためにも)きょうは絶対と思っていた。次は助けてあげられるように全力で頑張るだけです」と話した。

 榊原は6回1失点。4点リードで七回からは吉田一-沢田-増井の勝ちパターンにつないだが、リードを守り切ることはできなかった。西村監督は「ウチの勝ちパターンの投手ですから。増井で打たれたら責めるわけにはいかない。(相手は銀次を捕手に)これで勝てなかったのは悔しさが残りますね」と苦虫をかみつぶしたような表情になった。

 開幕から9試合で3度目の引き分け。疲労感だけが残った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス