文字サイズ

高松商 投打に圧倒 エース香川13K4安打完封

 好投する高松商・香川(撮影・持木克友)
 5回、香川の右前2点適時打で生還しガッツポーズの高松商・大塚(撮影・持木克友)
 3回、左前に先制適時打を放つ高松商・大塚(撮影・持木克友)
3枚3枚

 「選抜高校野球・1回戦、高松商8-0春日部共栄」(23日、甲子園球場)

 第1回大会を制覇している高松商が投打に圧倒した。三回に新居以下の3連打で先制。五回には2死二、三塁からエースで3番の香川が貴重な追加点となる右前2点適時打を放つと、その後も攻撃の手を緩めることなく、15安打で8点を奪った。特に9番の新居が4安打。恐怖の9番として2回戦以降も注目したい。

 春日部共栄は高松商の先発・香川の前にわずか4安打。四死で出た走者も盗塁死、けん制死とつながりを欠いた。

 高松商のエース香川は直球の切れ、チェンジアップ、カーブなど変化球も鋭く、120球を投げ、13奪三振と圧巻の投球内容だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス