文字サイズ

DeNAドラ1上茶谷、実戦4戦目でプロ初失点 鷹グラシアルに3ラン被弾

 3回2死一、三塁、グラシアル(手前)に先制3ランを許したDeNA・上茶谷(撮影・中村太一)
1枚拡大

 「オープン戦、DeNA-ソフトバンク」(16日、横浜スタジアム)

 DeNAのドラフト1位・上茶谷大河投手(東洋大)が先発し、プロ入り後の実戦で初めて失点を喫した。

 2つの0をスコアボードに並べて迎えた三回。2死二塁の場面で145キロ内角直球で今宮のバットをへし折ったが、不運な当たりで一塁内野安打となった。一、三塁のピンチを迎えるとグラシアルに140キロ直球を右翼席に運ばれる3ランを浴びた。新人右腕が初めて一発を食らった。

 五回には牧原に右前打を打たれて失点した。結局、6回を6安打4失点だった。この日の自身最速は148キロと直球は走り、大器の片りんを披露。新人右腕は、ここまでの実戦3試合では計8回を1安打無失点に抑えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス