文字サイズ

巨人・亀井、初回にグランドスラム「この時期はひと振りにかける思いが強い」

1回巨人無死満塁、右越えに満塁本塁打を放つ巨人・亀井善行=神宮球場(撮影・西岡正)
1枚拡大

 「オープン戦、ヤクルト-巨人」(16日、神宮球場)

 巨人・亀井義行外野手がヤクルト・原から満塁本塁打を放ち、初回に5点を奪った。

 丸の中前適時打で1点を先制。さらに無死一、二塁から岡本が四球を選び、満塁で打席へ。3ボール1ストライクから135キロの変化球を振り抜き右中間席へグランドスラム。

 「打ったのはシュート。このオープン戦の時期は、ひと振りにかける思いが強い。ひと振りで結果が出せるように心がけている。その1打席目の得点圏に走者がいる場合でのひと振り目で良い結果につながったのはうれしい」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス