文字サイズ

オリックス・吉田正、場外2ラン メネセス口火打 破壊力抜群の“日墨4番”

1回、吉田正(右)は右越えに2ランを放ちベースを回る
 1回、2ランを放つ吉田正
2枚2枚

 「オープン戦、オリックス2-3広島」(14日、大阪シティ信用金庫スタジアム)

 広島期待の新星もこのコンビにかかればあっという間に餌食だ。

 初回2死から3番・メネセスが左前打で口火を切るとオリックスの4番・吉田正は2球目、内角直球を豪快に振り上げ右翼席のはるか彼方に飛ばす特大2ラン。キャンプからの実戦で無失点を続けてきた床田の出鼻をくじいた。

 これでメネセスが打率・583、吉田正は打率・600。9、10日に行われた侍ジャパンの強化試合で日本の4番を務めたのが吉田正、メキシコの4番はメネセス。二人が並ぶのだから破壊力は抜群だ。

 吉田正が「ジョーイは選球眼もいいし逆方向にも打てる。いい打者」と褒めれば、メネセスも「出塁すれば正尚がパワーでかえしてくれる。今の並びもいいね」と強調した。

 西村監督は「3、4番は相手にとっても脅威になるでしょうね」と頼もしげ。13日の激励会で“冥土の土産に優勝を”と発言した宮内オーナーも観戦し「今のところは結構ですね」と目を細めた。

 昨季は12球団1位のチーム防御率ながら得点力不足に泣き4位に沈んだ。今季は“日墨4番”が共存する新打線でパを震撼させる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス