文字サイズ

先発のヤクルト・小川3回3失点も二回以降は修正「低めを意識」

 「練習試合、ヤクルト3-3DeNA」(21日、ANA BALLPARK浦添)

 ヤクルト・小川泰弘投手が先発し、3回5安打3失点だった。

 神里に先頭打者本塁打を浴びるなど「ボールが浮いて修正できなかった。低めのへの意識が弱かった」という初回は5安打を集中されて3失点。それでも、二回からは打者6人を完璧に封じた。

 降板後はブルペンで投げ込み。「低く強い球を投げることと、フォーム的にいい感覚があったので反復しました。二回以降は低めを意識できたのはよかった」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス