文字サイズ

巨人 恐怖の2番・丸は好発進にも冷静「2番だからどうこうというのはない」

3回巨人2死一、二塁、3連続となる適時打を放ち、鈴木尚広コーチ(左)とタッチを交わす巨人・丸佳浩=沖縄セルラースタジアム那覇(撮影・西岡正)
1枚拡大

 「練習試合、巨人11-1サムスン」(16日、沖縄セルラースタジアム那覇)

 巨人・丸佳浩外野手が、対外試合初戦で好発進した。

 超攻撃型オーダーの目玉として、2番・中堅で出場。初回に初球をたたいて右翼線二塁打を放つなど、3打数3安打3打点と活躍した。「もともと特に2番だからどうこうというのはない。クリーンアップにつながる重要なところ。しっかりといい形でつなげれば理想。今日のように得点圏で回ってきた時にああいうふうに返していければ、ベスト」と、冷静に振り返った。

 この日は1番の吉川尚が3安打でしっかりチャンスメーク。「尚輝がいい形でつないでくれた。僕もそんなに気負うことなく素直に打てた」と後輩を持ち上げた。あらためて自分の役割について「バントというより、しっかり打ったなかでつなげていくという監督の意向でもある。打ちにいきながらつなげることができれば一番」とうなずいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス