文字サイズ

輝星VS柿木、日本ハム16日紅白戦で昨夏甲子園決勝再現へ 栗山監督が明言

ブルペンで帽子を飛ばして投げ込む日本ハム・吉田輝星=かいぎんスタジアム国頭(撮影・出月俊成)
3枚

 「日本ハム2軍春季キャンプ」(14日、国頭)

 日本ハムの栗山英樹監督が1・2軍合同で16日に行われる紅白戦(かいぎんスタジアム国頭)でドラフト1位の吉田輝星(金足農)とドラフト5位柿木蓮(大阪桐蔭)の2人をそれぞれ先発させることを明かした。

 両者の先発での対戦となると、大阪桐蔭-金足農業の顔合わせとなった昨年夏の甲子園の決勝の再現となる。

 この日、米アリゾナ州スコッツデールでの1次キャンプを終えて帰国した栗山監督は、すぐに2軍キャンプ地の沖縄・国頭村に移動。初めて吉田と柿木のブルペン投球を生で視察し、「見ていてワクワクするし、ドキドキする」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス