文字サイズ

智弁和歌山・高嶋名誉監督の勇退パーティー 4月から環太平洋大の特任教授を務める

 監督として歴代最多の甲子園春夏68勝を誇り、昨年8月末に勇退した智弁和歌山・高嶋仁名誉監督(72)の功労をたたえる「高嶋仁先生を囲む会」が10日、大阪市内で開かれ、発起人の明徳義塾・馬淵史郎監督(63)、大阪桐蔭・西谷浩一監督(49)のほか星稜・山下智茂名誉監督(73)ら野球関係者292人が出席した。

 あいさつに立った高嶋氏は「今は指導者も大変な時代だが、感謝の心を持つことが大事。48年間の指導者生活でいろんな人に助けてもらった」と感謝を口にした。4月からは、岡山市内にある環太平洋大の特任教授を務めることも発表。野球指導者を目指す学生を対象に月1回、講義をするという。「今までの指導経験を話そうと思っている」と意気込みをみせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス