文字サイズ

巨人・原監督 ライバル監督との火花はまだ飛ばず「今、付いたら消えちゃう」

会議の前に握手を交わす巨人・原辰徳監督(左)とヤクルト・小川淳司監督=東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪(撮影・出月俊成)
ヤクルト・小川淳司監督(右)と談笑しながら会場に入る巨人・原辰徳監督=東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪(撮影・出月俊成)
2枚2枚

 巨人・原辰徳監督(60)が22日、都内ホテルで行われた12球団の監督会議に出席した。

 4年ぶりに現場復帰してから、初めて他球団の監督と顔を合わせた。若い指揮官が増えたが、1学年上のヤクルト・小川監督、同級生の西武・辻監督も健在。「ひとり先輩がいるのは心強い。同級生もひとりいた。みんな頑張っている」と誇らしげ。ただ、ライバルを前に「火が付いたか」という問いには「今、付いたら消えちゃうよ」と、戦闘モードには入らなかった。

 会議では昨季導入されたリクエストについて時間が割かれ、対象のプレーが拡大された。議論が紛糾するようなことはなく、原監督は機材が故障した際の対応についてだけ質問したという。「球場に来ているファンにはどう説明するんですか?と。当然、監督に説明したように説明するつもりであると返答がありました」と、納得した様子だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス