文字サイズ

オリックス宜保、黙々と打ち込み 木製バットに「早く慣れたい」

 新人合同自主トレーニングで打ち込んだオリックスのドラフト5位の宜保=大阪市の球団施設
1枚拡大

 オリックスのドラフト5位の宜保(未来沖縄高)が22日、大阪市の球団施設で行われている新人合同自主トレーニングで、木製バットの感覚をつかもうと黙々と打ち込んだ。「早く慣れたい。きれいに芯に当たるようになってきている」と手応えを口にした。

 フリー打撃では、強く振ることを意識したという。安打の打球も多く「もっと遠くに飛ばしたい。キャンプでは先輩にも質問してどんどん吸収したい」と意欲を見せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス