文字サイズ

ロッテドラ1の藤原が自主トレに合流 幼稚園以来のインフルエンザ「早く取り戻す」

新人合同自主トレに復帰した藤原
1枚拡大

 ロッテのドラフト1位・藤原恭大外野手(18)=大阪桐蔭=が22日、ロッテ浦和球場での新人合同自主トレに再合流した。

 藤原は17日の練習中に発熱を訴えてリタイア。病院で診察を受けた結果、インフルエンザA型と診断されて寮で静養していた。

 5日ぶりに気持ちのいい汗をかいた。ランニングは別メニューだったが、他の新人とともにノックを受けて、室内練習場ではティー打撃も行った。

 「焦りはありました」。藤原は正直に胸の内を吐露した。

 18日は井口監督が視察に訪れた。「1回アピールするチャンスをなくしました。5日も遅れているので早く取り戻したい」。

 インフルエンザは幼稚園以来で、熱のMAXは38度。どうやら軽くすんだようだ。

 それでも、「2日くらいはしんどかった。早く練習したいと思った」。夜に体が楽になると打撃フォームの確認をしたという。

 2月1日のキャンプインまであと10日あまり。今後、高校の卒業式などの行事があるが、「(練習を)入れていかないといけない」と話す。

 幸いなことに食欲があり、体重もほとんど落ちなかった。

 井口監督からプロの心得を諭されたが、もちろん肝に銘じている。「仕事なのでこれが。高校からプロに入っているわけなので、大学生や社会人よりも意識を高く持ってやりたい。プロとしての自覚と責任を感じます」

 藤原が前を見据えて話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス