文字サイズ

ロッテ・井口監督、レアード“起爆剤”プラン 外野起用も視野でチームに刺激

 ロッテ・井口資仁監督(44)が18日、ブランドン・レアード内野手(31)を“起爆剤”として起用することを明かした。

 レアードは昨年まで在籍した日本ハムの4年間で131本塁打、16年は39本で本塁打王に輝いた。昨季、12球団ワーストとなる78本塁打のチームには救世主的な存在だ。

 井口監督は多角的に使う方針だ。「DHも一塁もある。三塁を脅かすことにもなる」。さらに外野での起用も視野に入る。

 日本ハム時代は三塁を守った。その三塁は全試合出場の鈴木に今季2年目の安田が挑戦し、三木も控える激戦区だ。

 新外国人、ケニス・バルガス内野手(28)や一塁でチーム最多の24本塁打をマークした井上ら内野に加え角中、岡、清田、荻野、菅野、さらに平沢らの外野陣にも大きな刺激となる。

 今季からZOZOマリンにはホームランラグーンが新設。外野は最大で4メートル前に出る。レアードの大噴火が期待され、その起用がチームを活性化させる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス