文字サイズ

ヤクルトの新人トリオが小雪舞う中ブルペン入り、ドラ5坂本「いい球あった」

新人合同自主トレで初めてブルペン入りしたヤクルトのドラフト5位・坂本
新人投手のブルペン投球を見守るヤクルトの小川監督(後方右)と田畑投手コーチ(同左)
新人合同自主トレでブルペン入りしたヤクルトのドラフト7位・久保
3枚3枚

 ヤクルトの新人合同自主トレは12日、埼玉県戸田市の戸田球場で第2クールに入り、大学・社会人出身の3投手がブルペン入りした。

 小雪が舞う寒さの中、ドラフト1位・清水昇投手(国学院大)が40球、同5位・坂本光士郎投手(新日鉄住金広畑)が30球、同7位・久保拓真投手(九州共立大)が21球を、それぞれ捕手を立たせたまま投じた。

 清水は合同自主トレで2度目、坂本と久保は初のブルペン入り。即戦力の期待がかかる3人の投球を、小川淳司監督、田畑一也投手コーチも見守った。坂本は「指先にかかることだけ意識しました。いい球も何球かあった」と感想を話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス