文字サイズ

楽天がホーム試合を完全キャッシュレス 今季からプロ野球もサッカーJ1も

 楽天は10日、グループ会社が運営するプロ野球東北楽天の「楽天生命パーク宮城」(仙台市)とサッカーJ1ヴィッセル神戸の「ノエビアスタジアム神戸」(神戸市)の両本拠地スタジアムで、今シーズンからチケットや飲食物、グッズなどの販売をキャッシュレス化すると発表した。

 プロ野球・楽天の大石事業本部長は「一番いいシーンを見逃した、試合開始に間に合わなかったということを解消したい」と説明。来場者の利便性向上やキャッシュレス決済の普及拡大が狙いだ。

 使用できる決済方法はスマートフォンのアプリ決済サービス「楽天ペイ」、電子マネー「楽天Edy(エディ)」、クレジットカードなど。楽天は本拠地初戦の4月2日の日本ハム戦、J1神戸でもホーム開幕戦から同様の運用を開始する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス