文字サイズ

新潟県高野連が「球数制限」導入へ 2・20に結論

 日本高野連は9日、大阪市内で業務運営委員会を開き、新潟県高野連が今春の県大会で投球数を1人100球までとする「球数制限」の導入を明らかにしたことに関し、意見交換を行った。2月20日の理事会で導入に関して何らかの結論が出され、同日に新潟県高野連に伝える方向だ。

 新潟県では保護者や指導者、選手に向けたマナー・技術冊子「新潟メソッド」という独自のものがあり、競技力向上と障害予防の取り組みの重要性などが説かれている。昨年発表されたこの「球数制限」も、そういった観点からのものだ。

 7日には新潟県高野連の杵鞭専務理事から説明を受けた。それを踏まえて日本高野連の竹中事務局長は、取り組みに理解を示した上で「各都道府県のバランスがある。高校野球特別規則に載せるにはあまりに時間がない」と慎重な見解を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス