文字サイズ

日本ハム・ドラ1吉田輝、清宮さん斬る 2・16紅白戦で“プロデビュー”内定

 キャッチボールをする吉田輝。左は万波
1枚拡大

 日本ハムの新人合同自主トレが9日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で始まった。ドラフト1位・吉田輝星投手(17)=金足農=は、2月16日に沖縄・国頭で行われる紅白戦で“プロデビュー”することが内定。対戦したい打者に清宮を挙げ、全力投球で打ち取ると誓った。

 プロとして大きな一歩を踏み出した日、吉田輝は沖縄・山原(やんばる)のマウンドを思い浮かべた。新人合同自主トレで万全の状態に仕上げ、見据えるのは2月16日に予定されている1、2軍合同の紅白戦。「清宮さんと対戦したい」。胸を借りるつもりで挑み、ねじ伏せる意気込みだ。

 「直球でいきたいというのもあるんですけど、それだけだと打たれてしまう。変化球を投げることで、直球も際立ってくると思う」

 2月の春季キャンプは沖縄・国頭での2軍スタートが濃厚。スタッフ会議後、取材に応じた栗山監督は「もちろん」と16日の紅白戦で登板させる意向を示し、実力を見極める考えを明かした。吉田輝も「ビビらないように」と気合十分。入寮日の夜、自ら隣室の清宮の部屋をノックしてあいさつを交わしたという。「背筋がすごくて、アマチュアとは違うなと思った」と感激し、心から成長を誓った。

 この日の午前10時にスタートした合同トレは順調に進み、右腕は昼前に真新しいオレンジのグラブを手にした。キャッチボール相手は昨夏の甲子園優勝投手。「2人組だったので、柿木だなと」。約40メートルから徐々に距離が縮まると、互いに実戦さながらの剛速球を披露。ライバルの球を全身で感じ、さらに闘志がみなぎってきた。

 「いつも通りの自分の投球ができれば、評価してもらえる」。鎌ケ谷に詰めかけたファンは、清宮が参加した前年の約500人を大きく超える約700人。多くの期待を背に、プロ野球人生が始まった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス