文字サイズ

ヤクルトが前ソフトバンク五十嵐を獲得 10年ぶり古巣復帰

 ヤクルトの伊東昭光編成部長は26日、ソフトバンクを戦力外となった五十嵐亮太投手が入団に合意したことを明らかにした。10年ぶりの古巣復帰となる。

 五十嵐は1997年度ドラフト2位でヤクルトに入団。09年まで12年間在籍し、04年には最優秀救援投手に輝くなど、リリーフ陣を支えた。10~12年まではメジャー4球団でプレー。13年にソフトバンクで日本に復帰し、今季は23試合で0勝1敗、防御率4・50の成績だった。

 伊東部長は「中継ぎの強化というところで獲得した」と説明。来季から1軍登録枠が29人に増えることもあり、実績と経験豊富な39歳の五十嵐に白羽の矢を立てた。数日前にオファーを出し、この日の午前11時に本人から電話で入団の意志を伝えられた。

 五十嵐は現在ハワイに滞在中。自主トレも現地で行い、正式契約はキャンプイン直前の来年1月下旬となる予定。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス