文字サイズ

ロッテ・安田尚憲「いい勉強になりました」台湾から帰国、手応え語る

台湾から帰国した安田、野球漬けに充実感が漂う
1枚拡大

 台湾で開催されていたアジアウインター・ベースボールリーグに参加していたロッテ・安田尚憲内野手(19)が17日、羽田空港着の日航機で帰国した。

 「守備、走塁、そして打撃…この時期にできなかった実戦をすることができた。いい勉強になりました」

 10月30日からの鴨川秋季キャンプに参加し、11月9日から11日まで台湾での国際親善試合ラミゴ3連戦。鴨川に帰って、17日に初の契約更改を終えると、ウインター・リーグのため20日過ぎに再び渡台していた。

 「1年中野球を続けて体力をつけたい。1試合1試合、丁寧にやっていきたい」。“野球漬け”を宣言していたが、まさにこの言葉通りの日々を過ごした。その表情に充実感が漂う。

 守備でも「基本です。(打球を)正面で捕って、しっかりと投げ返す」と基本の大切さを思い返しては取り組んだ。

 「12月、1月は基本からやっていきます。2、3日したら(実家のある)大阪に帰ります」と話すが、もちろん、練習場所を見つけて汗を流す。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス