文字サイズ

ロッテ、台湾・ラミゴと本拠地・ZOZOで初試合

 ロッテは17日、CPBL(中華職業棒球大聯盟)のLamigoモンキーズとの交流試合を19年3月14日(木)、15日(金)にZOZOマリンスタジアムで「Power Series 2019 in CHIBA」として開催すると発表した。

 ロッテは14年からLamigoモンキーズと台湾・桃園市や石垣市で交流試合を行ってきた。また、ロッテのマスコットキャラクターを台湾・桃園市に派遣する等の交流を重ねてきたが、初めて本拠地で試合を行う。

 なお、ロッテがZOZOマリンスタジアムで海外のチームと試合を行うのは球団初。

 Lamigoモンキーズはチーム名を「Lanew ベアーズ」から11年に現在の球団名に変更。ロッテは派遣コーチとして球団OBの荘勝雄氏を11年から13年に派遣してきた。14年から台湾・石垣島で交流戦を12試合行っており通算成績は7勝5敗。

 Lamigoモンキーズ・劉球団社長兼GMコメントは「今回、千葉ロッテマリーンズの本拠地であるZOZOマリンスタジアムにて交流試合を開催できることを大変楽しみにしております。千葉の皆さまにもラミゴのパワフルな野球や応援パフォーマンスをご覧いただきたいと思います。また、交流試合実現へご尽力いただきました千葉ロッテマリーンズの皆さまに感謝申し上げます」とコメントした。

 井口資仁監督は「19年シーズンを前に、Lamigoモンキーズとの交流試合を行えることをうれしく思います。海外のチームとの対戦は日本のプロ野球チームとの対戦とは違う独特の雰囲気があります。地元千葉のファンの皆さまにもぜひ応援にお越しいただき、楽しんでもらいたいと思いますので、ぜひZOZOマリンスタジアムにお越しください」と呼びかけていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス