文字サイズ

巨人・丸、背番号「8」 ゴジラ、由伸級の活躍で来季優勝を決意

 原監督(左)と並んで背番号「8」を披露する丸
1枚拡大

 広島からFA権を行使し巨人に移籍した丸佳浩外野手(29)が11日、東京都内のホテルで入団会見に臨んだ。会見前に年俸4億5000万円の5年総額25億5000万円で契約を締結。背番号8に決まった。同じ左の長距離砲、松井秀喜、高橋由伸級の活躍で来季チームを優勝に導くと誓った。(金額は推定)

 指揮官が手を添えたユニホームに袖を通した丸はうれしそうにほほ笑んだ。「『やってやるぞ』と本当に前向きな気持ちで早く野球がしたいです。闘志を前面に出して泥くさくやっていきたい」と決意表明した。

 待望の左の長距離砲を獲得し、原監督も満面に笑み。「左の長距離砲はぜひ必要。松井であったり高橋由伸であったりその2人をダブらせた状態で、なにより彼らに勝っているのは守備力、走力。来季へいいスタートが切れた」。丸も「名前を聞くと、雲の上の存在。憧れでしかなかった。自分がそういう立場になって、少しでもお二人に近づけるように頑張っていきたい」と呼応した。

 背番号は複数候補を提示された中で、原監督が現役時代につけた8を選んだ。「(原監督が)闘志あるプレーで元気づけたように、僕もガッツあふれる闘志を持ちながらプレーを見てほしい」。原監督は「非常に光栄。さらに愛される背番号になってくれれば」と、新エイトマンの活躍を願った。

 交渉の席で原監督からは「カープで11年頑張った。ジャイアンツでも11年頑張ろう」と熱い言葉をかけられたという。広島、ロッテではなく巨人を選んだ理由について丸は「子どものころ野球を見に行くといえば東京ドームでした。小さいころからの憧れ、夢だったのでそれが決め手になった」と明かした。

 「今年以上の数字を出していければ。チームが優勝して3年連続になればうれしいこと」。2019年は巨人の一員としてリーグMVPとなり、古巣からペナントを奪いとる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス