文字サイズ

ヤクルト育成1位・内山 ウッチーキャノンで甲斐ばり「出世街道」

 神宮球場を見学し、ガッツポーズで記念撮影するヤクルト新入団選手の(前列左から)吉田、松本、清水、久保、(後列左から)中山、浜田、市川、坂本、鈴木、内山
1枚拡大

 ヤクルトの新入団選手が6日、正式契約を結び、神宮球場などの施設を見学した。育成1位・内山太嗣捕手(22)=BC栃木=は自慢の強肩を生かし、目標とするソフトバンク・甲斐ばりの出世街道を歩むことを誓った。

 身長172センチの小兵ながら、速く正確な二塁送球は実戦でも1・8秒台を計測。BCリーグで今季、5割近い盗塁阻止率を記録した。「甲斐選手は同じ育成で、身長も同じぐらい。近づいていけたら」と、武器を極限まで磨き上げるスタイルは成功へのお手本だ。

 栃木では村田修一現巨人コーチや元ヤクルトの飯原兼任コーチから「自分のプレーに責任を持て」との金言を授かった。“ウッチーキャノン”を炸裂させ「あそこ(神宮)でプレーしたい」という言葉を現実にする。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス