文字サイズ

巨人・山本 微増でサインも悔しさにじむ「2カ月間しか1軍にいられなかった」

契約更改交渉を終えた巨人・山本
1枚拡大

 巨人・山本泰寛内野手(25)が29日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、50万増の1850万円でサインした。(金額は推定)

 今季は、8月1日に吉川尚が左手骨折で離脱した後に、スタメンで起用されされ、攻守にわたる活躍を見せた。

 38試合に出場し、打率・255、26安打をマーク。自身も「1番いい成績は出せた」と評価。1軍での試合を通して「このピッチャーに対してはどうしていこうか、とかメンタル面や考え方が学べた1年間だった」と振り返った。

 しかし、「2カ月間しか1軍にいられなかった」とフルで戦えなかったことに悔しさをにじませた。

 来季の目標は“規定打席到達”と“レギュラー”だ。今オフは重信と熊本での自主トレを行う予定だ。レベルアップをはかり、来季、1軍でさらなる活躍を見せる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス