文字サイズ

ソフトバンク、FA浅村に4年28億提示 都内で初交渉

 西武からFA宣言した浅村栄斗内野手
1枚拡大

 ソフトバンクが16日、西武からFA宣言した浅村栄斗内野手(28)との初交渉を都内で行った。4年総額28億円程度の超大型契約を提示したとみられる。

 浅村は今季、打率・310、32本塁打、127打点で自身2度目の打点王を獲得。球団が獲得意思を表明した直後の9日には工藤監督が「チャンスに強く広角に打てる。投手への重圧は相当。あれだけの本塁打と打点を挙げられる選手はいない」と絶賛し、交渉への直接出馬も辞さない構えを見せていた。

 チームは最終的に2年連続日本一に輝いたものの、ペナントレースで6・5ゲーム差を離されての2位だった現実を本社サイドも重く受け止めている。後藤社長は「選手の獲得予算は作るべきではない。青天井でいい。必要な選手には必要なマーケットプライスがある」とも話しており、西を含めてマネーゲームで他球団に負ける気はない。誠意と豊富な資金力で、3年連続日本一に欠かせない恋人を射止める。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス