文字サイズ

阪神退団の西岡 トライアウト1安打2三振も…成瀬から二塁打&全力疾走アピール

前ヤクルト・成瀬善久(右奥)から中越えに適時二塁打を放つ前阪神・西岡剛=タマホームスタジアム筑後(撮影・吉澤敬太)
3枚

 「12球団合同トライアウト」(13日、タマホームスタジアム筑後)

 背番号5のユニホームに身を包んだ西岡剛内野手(阪神)も参加。シート打撃では4打数1安打2三振に終わったが、二塁の守備で走塁でも健在ぶりをアピールした。

 最初の打席ではコラレス(楽天)と対戦。満員の内野席から「レッツゴー、剛」の声援も送られた。カウント2-2から低めの変化球に手を出し、中途半端なスイングで空振り三振に倒れた。

 しかし第2打席、無死二塁の好機で存在感を示した。右打席に入り、ロッテ時代の元同僚・成瀬(ヤクルト)から左中間へ適時二塁打を放ち、健在ぶりをアピールした。第3打席は篠原(巨人)の外角147キロ直球にバットが出ず、見逃し三振。第4打席は左腕オスカル(広島)に三ゴロだった。ボテボテの打球だったが、全力疾走ではつらつとプレーした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス