文字サイズ

バット直撃の西武・森友哉、左手打撲と診断

 1回、ソフトバンク アルフレド・デスパイネの空振りが西武・森友哉の左手に直撃し負傷交代する
1回ソフトバンク2死、ソフトバンク アルフレド・デスパイネの空振りが左手に直撃し、負傷交代した西武・森友哉=メットライフドーム(撮影・中田匡峻)
2枚2枚

 「パCSファイナルS・第4戦、西武2-8ソフトバンク」(20日、メットライフドーム)

 西武の森友哉捕手が左手負傷で途中交代し、立川市内の病院で検査した。

 初回の守備中、ソフトバンク・デスパイネのスイングしたバットが左手を直撃。病院に向かい、チームドクターの診察の結果、打撲と診断された。

 病院から球場に戻った後は、自力で帰宅の途についた強打の捕手。王手をかけられた第5戦の出場は当日の様子を見て判断されそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス