文字サイズ

巨人・和田恋が先制適時打 ファーム優勝へ一歩前進

 「ファーム日本選手権、阪神-巨人」(6日、サンマリンスタジアム宮崎)

 4番に座る巨人・和田恋外野手が先制の適時打を放った。

 0-0と同点の四回、先頭の橋本到が中前打で出塁し、和田に打席が回った。

 カウント2ストライクで阪神先発・浜地の投じた126キロの変化球に体勢を崩されながらも芯で打球を捉え、左中間を抜ける適時二塁打となった。

 2年ぶり9度目のファーム日本選手権制覇を狙うチーム。これまで無失点投球を続ける先発・高田への幸先のいい援護点となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス