文字サイズ

ロッテ・井上 井口監督以来の20本塁打「打ちたいと思っていた」

 「西武-ロッテ」(8日、メットライフドーム)

 ロッテ・井上がチームにとって13年の井口(現監督)以来となる20本塁打を放った。

 二回、中村の安打と角中の四球で1死一、二塁。この好機で十亀の初球、139キロのストレートを強振。打球は左翼席上段まで伸びていった。20号3ラン。

 8月7日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)以来の1発に、「打ったのはストレートです。角さん(角中)が本当によくつないでくれるのでいいリズムで打席に立つことができていると思います」と感謝しながら、こう続けた。

 「最近なかなか打てていなかったんですが20本は区切りだと思いますし、打ちたいと思っていたので良かったです」

 井上にはロッテ本社から20本塁打が5年ぶりとなることから、5年ぶりの乳酸菌ショコラがプレゼントされることになっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス