文字サイズ

オリックス・“ラオウ杉本”が死球で左手骨折

 「オリックス5-1西武」(2日、京セラドーム大阪)

 オリックス・杉本裕太郎外野手が四回の打席で死球を左手に受け交代した。大阪市内の病院でレントゲン検査、CT検査の結果、左第5中手骨の骨折との診断された。

 今後については4日に再診後、決める。

 プロ3年目の杉本は漫画『北斗の拳』の登場人物ラオウを「尊敬してやまない」と公表。チームメートからも“ラオウ”の愛称で呼ばれている。

 今季は7月11日の楽天戦でプロ初となる満塁本塁打を放つと17日・日本ハム戦ではプロ8人目となる2戦連続満塁本塁打の離れ業をやってのけた。

 9月1日に再昇格し、代打で二塁打。この試合では8番・ライトで先発出場していた。

 今季の通算成績は7試合に出場し、打率・250、2本塁打、8打点だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス