文字サイズ

楽天西巻がプロ初の3安打猛打賞も適時失策悔やむ「1点の重みを思い知りました」

 「西武6-5楽天」(28日、上毛新聞敷島球場)

 楽天のドラフト6位ルーキー・西巻賢二内野手(19)=仙台育英=が、3安打をマークし、プロ初の猛打賞を記録した。

 しかし西巻は、チームが負けたこともあり浮かない表情だった。四回の守備で、2死一、二塁、栗山の詰まった遊飛を目測を誤り落球。痛恨の適時失策となり1点を献上した。「照明が目に入ったとかではなく、ナイターで、距離感がつかめなかったというか、ここだと思ったところより、そもそ合っていなかった。あの場面でやってしまったことが悔しい」と振り返った。

 六回の攻撃では、ミスを取り返す適時打を放った。岡島の2点適時打で勝ち越し、なおも1死満塁から左前にはじき返しリードを広げた。しかし、チームは逆転負けを喫し、西巻は「結局最後1点が届かなかったわけで、きょうは3安打したことよりも、1点の重みを思い知りました」と自身の失策を悔やんだ。

 そんな19歳に、平石監督代行は「ミスがあるもんだと思って使っている。小さくならずにミスしても切り替えてやっていってほしい」と話した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス