文字サイズ

金足農・吉田、大阪桐蔭から根尾ら5人 アジア選手権出場U18日本代表決まる

 日本高野連は21日、9月に宮崎県で開催されるU-18(18歳以下)アジア選手権に出場する高校日本代表18人を発表した。

 史上初2度目の甲子園春夏連覇を達成した大阪桐蔭からは、最多の5人が選出された。今秋ドラフト1位候補・根尾昂内野手、藤原恭大外野手に加え、柿木蓮投手、小泉航平捕手、中川卓也内野手(全て3年)が日の丸を背負う。

 また、秋田県勢を103年ぶりの夏の甲子園決勝へ導いた金足農・吉田輝星投手(3年)も選ばれた。「日の丸を背負って戦いたいと思っていた。根尾と藤原と対戦して分かったが、すごい選手ですし、そういう選手とプレーできるのは頼もしい。優勝を狙っていきたい。18人しかいないすごいメンバー。できれば投げたいですけどね」と話した。

 監督は、報徳学園前監督・永田裕治氏、ヘッドコーチは八戸学院光星・仲井宗基監督、コーチは北海・平川敦監督、作新学院・小針崇宏監督が務めることが決まっている。

アジア選手権は9月3日に開幕。決勝は同9日に行われる予定。

 【投手8人】

16 金足農・吉田輝星(3年)

14 浦和学院・渡辺勇太朗(3年)

15 木更津総合・野尻幸輝(3年)

13 横浜・板川佳矢(3年)

19 高岡商・山田龍聖(3年)

17 星稜・奥川恭伸(2年)

11 大阪桐蔭・柿木蓮(3年)

18 明徳義塾・市川悠太(3年)

 【捕手2人】

22 常葉大菊川・根来龍真(3年)

10 大阪桐蔭・小泉航平(3年)

 【内野手5人】

2 日大三・日置航(3年)

8 常葉大菊川・奈良間大己(3年)

1 大阪桐蔭・中川卓也(3年)

5 大阪桐蔭・根尾昂(3年)

7 報徳学園・小園海斗(3年)

 【外野手3人】

21 浦和学院・蛭間拓哉(3年)

28 大阪桐蔭・藤原恭大(3年)

24 創成館・峯圭汰(3年)

 (数字は背番号)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス