文字サイズ

報徳学園・小園、高校初の1試合3三振「屈辱的。蒸し蒸ししていて体調おかしかった」

 6回、報徳学園・小園は空振り三振に倒れる(撮影・山口登)
3枚

 「第100回全国高校野球選手権・3回戦、報徳学園7-2愛工大名電」(16日、甲子園球場)

 報徳学園(東兵庫)のプロ注目、小園海斗遊撃手(3年)は5打数1安打1盗塁も、高校入学後初の1試合3三振を喫した。

 小園は試合中、体調面で優れなかった部分があったことを明かし、「きょうは四回ぐらいから体調がおかしかった。熱中症というか、蒸し蒸ししているのに中学時代も弱いとこがあって、きょうはボーッとしていた」と振り返った。

 聖光学院(福島)との今大会初戦では3本の二塁打を放ち、勝利に大きく貢献したが、愛工大名電(西愛知)の先発左腕・室田祥吾投手(3年)に2打席連続空振り三振に仕留められるなど、低めの変化球の対応に苦慮した。

 それでも、1点を追う三回2死走者なしでの第2打席では空振り三振も振り逃げで出塁すると、すかさず二盗を決め、ヒットで三進。暴投で同点のホームを踏み、ここでは足で存在感をアピールした。

 3三振について小園は「屈辱的ですけど、チームが勝つことが優先なので。打撃がダメだったので守備だけはしっかりしようと思っていた」と振り返り、足で魅せた三回の二盗など同点シーンには「走ると決めていた。チャンスを作れて良かった。チーム全員で勝ったので、次はプレー引っ張れるようにしたいです」と責任感を漂わせていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス