文字サイズ

報徳学園・小園、大会タイの1試合3二塁打 見事にチャンスメーク

報徳学園-聖光学院 3回、二塁打を放つ報徳学園・小園=甲子園(撮影・北村雅宏)
1枚拡大

 「第100回全国高校野球選手権・2回戦、報徳学園-聖光学院」(11日、甲子園球場)

 報徳学園(東兵庫)のドラフト候補・小園海斗内野手(3年)が2-2の八回、左越え二塁打を放ち出塁。大会タイ記録の1試合3二塁打とした。犠打で三塁に進むと、長尾亮弥外野手(3年)の左前打で生還した。

 小園は初回に二塁打で出塁。犠打で1死三塁とし、長尾の遊ゴロの間に1点を先制した。しかし聖光学院(福島)もその裏、2死二塁から4番・須田優真内野手(3年)の右前適時打で同点とした。

 報徳学園は三回にも小園が先頭で右中間二塁打を放ち、犠打で1死三塁としてから長尾の犠飛で1点を奪った。聖光学院は六回に3連打で1点を奪い再び同点に追いついていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス