文字サイズ

作新学院「捨て身」であと一歩…栃木大会ベンチ外1年・横山2安打、2投手粘投

 「第100回全国高校野球選手権・1回戦、大阪桐蔭3-1作新学院」(6日、甲子園球場)

 堂々たる敗者だ。すべての力と知略を尽くして、作新学院(栃木)が大阪桐蔭と渡り合った。小針崇宏監督(35)は「最後まで本気で勝つ気でやってくれた」とナインをねぎらった。

 「甲子園は捨て身でいかないと」と話していた通りの戦いを見せた。栃木大会はベンチ外、公式戦初スタメンで1番に起用した1年生・横山陽樹外野手が2安打。先発右腕の高山、2番手左腕の佐取は緩急を駆使して、強打線をほんろうした。

 そして「前のヒットはしょうがない」と4~5メートル後方の守備位置を取った外野陣は再三、大飛球を好捕。斎藤陸人外野手(3年)は「監督の指示ではなく3人で話して決めた。ハマってくれたかな」と振り返った。

 1点を追う八回2死二塁で、横山が藤原の右前打を後逸。最後は外野のミスが出たが、指揮官は「本塁を刺そうとしたので、しょうがない」と責めなかった。九回は右前打で反撃の口火を切った横山は「この経験を生かして次につなげていきたい」。自分たちの殻を破った王者との激闘。作新の風は確かに聖地に吹いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス