文字サイズ

オリックス・ディクソン、6回1失点 勝利投手の権利得て降板

 4回オリックス2死満塁、右前に先制2点打を放ち、雄たけびを上げる白崎=京セラドーム
好投するオリックス先発のディクソン(撮影・佐藤厚)
 楽天戦に先発したオリックスのディクソン=京セラドーム
3枚3枚

 「オリックス-楽天」(2日、京セラドーム大阪)

 オリックス先発・ディクソンは6回を4安打1失点。リードを守った状態で交代となった。

 3回までは毎回走者を許したが粘りの投球を披露。三回には先頭田中に右前打、続く茂木に四球を与えて無死一、二塁のピンチを招くも後続を断ち得点を許さなかった。

 2点リードで迎えた六回2死二塁から藤田に中前適時打で1点を返されてなおも2死一、三塁したが、嶋を二ゴロに封じて食い止めた。5与四球で球数122球を費やしたが最少失点で切り抜けた。

 打線は四回2死満塁から白崎が中前へ先制2点タイムリーを放った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス