文字サイズ

怪童・中西太氏 故郷の球児へゲキ投 母校・高松一 ユニホーム姿でレジェンド始球式

 香川大会開幕戦で始球式を行った中西太氏
1枚拡大

 「高校野球香川大会」(9日、レクザムスタジアム)

 香川大会が開幕し、1回戦2試合が行われた。開幕戦の前には高松一OBで元西鉄の中西太氏(85)が始球式を行った。母校のユニホーム姿でマウンドに上がったレジェンドは「失敗を恐れず、日本を元気にして下さい」と故郷の後輩球児に熱いエールを送った。開幕試合は藤井が尽誠学園を下して初戦を突破した。

 “怪童”の始球式に球場が沸いた。開幕試合のプレーボール前に中西太氏(85)が母校・高松一のユニホームを身にまとってマウンドに登場。ゆったりとしたフォームから投じられた球は、ワンバウンドで捕手のミットに収まった。

 観客席からの拍手に笑顔で応えた中西氏。「ホームまでが遠く感じました」と苦笑いを浮かべ、「85歳まで生きて、100回大会で(始球式が)できるなんて、本当にありがたいこと」と感慨深そうに話した。

 始球式に先立って行われた開会式では、出場38校の選手を前に壇上であいさつ。「失敗を恐れず、コツコツとやってきたことをこの大会で思い切って発揮してください」と激励した。

 中西氏は高松一時代に春1度、夏2度甲子園に出場。夏は2度とも4強入りし、主将として出場した1951年夏には2本塁打を放つ大活躍で「怪童」と呼ばれた。52年に西鉄に入団。本塁打王に5度輝くなど、豪快な打撃で西鉄の黄金時代を支えた。引退後は西鉄、日本ハム、阪神などで監督やコーチを歴任。99年には野球殿堂入りも果たしている。

 8月18日には甲子園でも始球式のマウンドに上がる。85歳のレジェンドは「今、日本ではいろんな災害が起きている。高校生の諸君が元気にしてあげてください」と故郷の後輩球児に熱いエールを送った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス