文字サイズ

ヤクルト青木に制裁金10万円 ソフトバンク戦で球審に暴言

 プロ野球の斉藤惇コミッショナーは20日、前日19日のヤクルト-ソフトバンク戦(神宮)で球審への暴言で退場となったヤクルト・青木宣親外野手(36)に対し、厳重注意と制裁金10万円を科した。

 青木は、19日・ソフトバンク戦の七回1死二塁の場面で、ハーフスイングで空振り三振の判定に対し、三塁塁審への確認を求めたが認めなかった球審に対して吐いた言葉で退場を宣告された。青木は日本では初の退場処分となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス